東野圭吾 夢はトリノをかけめぐる







東野圭吾さんのトリノ五輪の観戦日記です。
「容疑者Xの献身」で直木賞を受賞した翌日に、慌ただしくトリノに出発しました。

ウィンタースポーツ好きの東野さんらしい話ですが、東野さんの冬季五輪の知識も伺い
知ることができます。


この話は、廃刊となった「バーサス」というスポーツ雑誌に連載されていたものです。


トリノ五輪の雰囲気を感じることができる話です。
運営のいい加減さも知ることができます。

トリノのトイレ事情はかなり悪かったようです。


これは小説などでは全くありません。
一応エッセイということになりますが、東野さんがいかに冬季五輪、ウィンタースポーツ
好きなのかが分かります。


小説を読みたいという人には向いていない話です。

この本を読む前に「ちゃれんじ?」を読んでおいて下さい。
そうすることで予備知識を得ることができます。








東野圭吾のページ