東野圭吾 ガリレオシリーズ 探偵ガリレオ








有名なガリレオシリーズの第1弾です。
ガリレオとは


帝都大学理工学部物理学科助教授 湯川学


のことです。
ガリレオはあだ名ですが、ガリレオというあだ名が似合う人物です

湯川学は警察ではありませんが、友人に警視庁捜査一課の草薙俊平がいて
その草薙が毎回湯川に助けを求めてくる、という話になります。

この本は連作ミステリーで5つ話があります。




燃える

転写る(うつる)

壊死る(くさる)

爆ぜる(はぜる)

離脱る(ぬける)




話はそれぞれ、こういうタイトルになっています。
ガリレオシリーズの第1作です。



燃える



この話は、暴走族の少年の頭がいきなり燃え、亡くなる話となります。
頭がいきなり燃え出し、少年は即死します。
その謎の解明に湯川が取りかかります。


湯川登場第1弾です。
この話では湯川らしさが出ます。

もちろん事件は解決します。
プラズマが出てきますが、レーザーも出てきます。
少し理系の話がするものですが、理系の知識がなくても読めます。


また、この話では少女が出てきます。
少女の目撃談が重要になるのですが、湯川が子供を苦手としているのが分かります。

湯川は子供が嫌いです。

このことを知っていると、湯川が今後変わっていくのが分かります。


この話の犯人ですが、実は心優しい人物です。
ボランティア活動をしており、その活動の邪魔になるので、殺人を犯したということになります。

短編なので犯人をしっかりと描くことはできていませんが、犯人にはしっかりとした
動機があることになります。

犯人の動機も読んで下さい。

できれば長編で読みたかった話です。
また少し「手紙」と似ている部分もあると思います。




転写る(うつる)



この話はデスマスクの謎解きとなります。
デスマスクとは本物の死人の顔をしたマスクで、どうやって作られたのか
謎を解きながら、犯人も探し出して行きます。

この話は犯人探しにもなっているのでミステリーらしいですが、犯人は最初から
怪しく、そしてすぐ捕まります。
犯人探しをしなくても犯人が分かる話です。

一応犯人にはアリバイがあるのですが、そのアリバイがすぐ崩れます。
そのアリバイ崩しがデスマスクの謎解きなのです。


死体は池から出てきます。
そしてその池にデスマスクが浮かんでいたのです。

池にある死体からデスマスクを作ることは無理ですが、自然現象が作り上げたものなら
可能です。

衝撃波と電気エネルギーが出てきますが、それほど難しい話ではないので
読み進めることができます。

理系の知識を生かしながら、論理的に事件を解決して行きます。
ガリレオらしい話と言えます。



壊死る(くさる)



あるスーパーマーケット経営者の男性が殺されました。
その謎を解明する話となります。

犯人はすぐ分かります。
怪しい人物がそのまま犯人です。
短編なので難しい犯人探しはありません。

あくまでもガリレオの話なので、ガリレオが知識を生かしながら、犯行の謎を
解明して行きます。

これは超音波が出てきます。
殺害現場は風呂場ですが、超音波で殺害します。

誰が具体的にどうやって殺害したのか、あっけなく分かる話と言えますが
ガリレオの論理思考も知ることができます。

あくまでもガリレオの話なので、犯人探しなどではなくて、ガリレオの話を読んでいると
意識しながら読んで行って下さい。

純粋なミステリーではありません。




爆ぜる(はぜる)




海での謎の爆発によって女性がなくなります。
この事件の裏には色々なことがあります。

どうやって女性を殺害したのか、また誰が犯人なのか、そして犯人とその女性との
関係とは何なのか、とまさにミステリーの話です。

短編なので深い話はないですが、犯人と女性との関係は最後に分かるようになっています。

この謎の爆発はナトリウムを使ったものですが、この爆発の仕組みよりも犯人と
亡くなった女性の関係が大事とも言えます。

ガリレオが論理的に科学を使って解明して行きますが、なかなか犯人が分からず
女性との関係も分かりません。

最後の最後で分かるようになっているので、最後までしっかりと読んで下さい。
ミステリーらしい話です。



離脱る(ぬける)



最後の話です。
幽体離脱をテーマにした話とも言えますが、もちろん科学なので、幽体離脱では
ありません。

ここでは2つの話が展開します。

まずは女性が亡くなった殺人事件です。
そして、目撃情報です。


ここでは殺人事件よりも目撃情報がメインと言えます。
殺人事件は主に犯人探しになっており、トリックなどはありません。
犯人は最後に分かるようになっていますが、それ以上に目撃情報がメインに
なっています。


この目撃情報がいわゆる幽体離脱になります。
幽体離脱をして、目撃した、という少年が現れます。

その少年の父親は、息子が幽体離脱をしたと主張しています。
しかし最後にはガリレオが解明し、さらに、この幽体離脱の真相が明らかにされます。

また話の最後の方で、子供が嫌いなガリレオがこの少年に話しかける場面があります。
ここは大事な場面なので、しっかりと読んで下さい。

ガリレオは徐々に変化して行くのですが、既に第1作目の探偵ガリレオで子供への接し方が
変化して行っています。

ガリレオと子供の関係は、これからのガリレオシリーズで大事になります。


ガリレオらしさを知ることができる第1作目です。
ガリレオ好きなら絶対に読んで下さい。

特にガリレオの子供への接し方が大事になります。
ガリレオの子供への接し方を知っていると、「真夏の方程式」の読み方、楽しみ方も
変わってきます。

今後の予習のためにも第1作目をしっかりと読んでおいて下さい。






ガリレオ第2作「予知夢」のページ

ガリレオシリーズ

東野圭吾のページ