東野圭吾 探偵倶楽部







「依頼者の娘」というタイトルでしたが、文庫にする時に「探偵倶楽部」
にしたということです。

5つの短編から成ります。
東野さんによると、探偵よりも事件の重要なカギを握る人物を主人公にした
小説を書こうとしたということです。




偽装の夜




自殺をどう偽装するのか、ということになります。
会社社長、正木藤次郎の自殺を偽装しようとする人物たちの話です。

もちろんこの偽装は失敗するのですが、やはり裏がありました。
東野さんらしく、家族、最後の逆転があります。

偽装ですが2つ意味があります。
一つ目の意味はすぐ分かりますが、二つ目の意味は最後まで読まないと
分かりません。




罠の中




人を殺そうとして、自らその罠にはまってしまうという話です。
家族の複雑な関係の話と言えます。
登場人物が多いので、かなり丁寧に読まないと混乱します。

複雑な家族の人間関係、そして罠とは何なのか読んで下さい。
一応最後に逆転が用意されています。




依頼人の娘




元々のタイトルになった話です。
高校1年生の的場美幸が中心に話が進みます。

美幸の母、妙子がある日自宅で亡くなりました。
事件性があるようなので、警察が捜査に乗り出します。

そして怪しい人物を見つけます。
犯人逮捕と行きそうでしたが、そう簡単には話は終わりません。
やはり裏がありました。

美幸だけには知られたくない事実がありました。
事件の裏には何があったのか読んで下さい。




探偵の使い方




この話では、いきなり探偵が出てきます。
浮気調査を依頼されるのですが、そこから話は進んで行きます。

2人の男性が亡くなります。
その裏が大事になります。

2人の男性にはそれぞれ妻がいましたが、その妻がしていたことが
大事になってきます。

最後にはやはり逆転があります。




薔薇とナイフ




大原泰三の娘の由理子の妊娠騒ぎから話は始まります。

由理子には直子という母親違いの姉がいます。

母親は2人とも亡くなっています。


妊娠させた相手を探るため、泰三は探偵に頼みます。
しかし事件が起こります。
直子が自宅で殺されたのです。

この事件の裏がもちろん大事になります。

この話は東野さんらしく、家族の話になっています。
泰三、直子、由理子の3人の複雑な関係が事件に繋がります。

最後には逆転が用意されています。

またタイトルの「薔薇とナイフ」の意味も大事になります。
タイトルの意味は最後の方で分かります。
最後までしっかりと読んで下さい。







東野圭吾のページ