横山秀夫 真相







横山さんの話としては珍しく、警察短編集ではありません。
訳ありの人たちの話です。




真相


篠田佳男の息子、佳彦の真相です。

佳彦は10年前の15歳の時に殺され、犯人はまだ捕まっていません。

しかしその犯人が捕まりました。
ついに息子を殺した犯人が捕まったのです。

これで事件は解決かと思いきや、事件の真相がありました。
息子、佳彦には親の知らない顔があり、その事実を親が知り、驚きます。

そして佳彦と妹、美香との関係も大事になります。

犯人逮捕から徐々に明らかになって行く佳彦の真相を読んで下さい。
これは家族の話でもあります。




18番ホール



N県高畠村の村長選挙の話です。
現村長が引退し、後継者として若い樫村浩介が立候補します。

現村長の地盤は固いので、樫村の当選は確実と見られていましたが、対抗馬が現れます。

樫村には何が何でも選挙に勝たなければならない理由がありました。
樫村は県庁に勤めていましたが、選挙に出るため辞めます。

選挙に敗れれば無職です。

また県庁内での上下関係も大事になって来ます。
しかし樫村がこの選挙に勝たなければならない理由は、こんなことではありませんでした。

その理由が「18番ホール」なのです。

樫村には人に言えない過去があり、その過去を守るため、選挙に絶対に勝たなければなりませんでした。

パターゴルフ場の18番ホールのグリーンさえ少し動かせば、樫村の過去がばれることはありません。
この計画を実行するには、村長になるしかありません。

樫村は選挙戦に出て、勝つために戦いますが、対抗馬も追い上げてきます。
そして投票日を迎えます。

投票日の夜には開票作業が始まり、徐々に結果が分かって来ます。


樫村は選挙に勝てるのでしょうか?
そして樫村の秘密とは何なのか、また最後には逆転が待っています。

横山さんらしくしっかりとまとまっている話です。




不眠


45歳の山室隆哉の話です。
山室は失業中で、アルバイトをしています。
そのアルバイトは睡眠障害の研究を手伝うことで、アルバイトは睡眠をとるだけというものです。

山室はこのアルバイトの結果、不眠症になってしまいます。
その不眠が、事件に絡んできます。

山室は深夜に散歩に出かけ、そこである車を目撃します。
山室は元自動車会社の営業で、車に関してはかなり知識があります。

山室は目撃した車を覚えており、その車の所有者が同じ地域に住む人物であることに気付きます。


この車の所有者が大事になります。
車の所有者は小井戸忠亮(ただのり)という50歳の男性で、この小井戸が殺人事件を起こしたということで逮捕されます。


山室の目撃情報がきっかけとなり、犯人逮捕となったのですが、実はこの事件には裏がありました。

小井戸も山室と同じくリストラにあっており、失業中でした。
そして小井戸には息子がおり、その息子が事件に関わっていました。

不眠が生んだ目撃、ということですが、横山さんらしくない話という感じです。
どことなく松本清張っぽい感じの話です。




花輪の海


S大空手部での出来事が中心になる話です。

S大空手部は完全な体育会系で、上下関係がかなり厳しいです。
1年生は徹底的にしごかれ、空手部を辞める者が続出します。

主人公である城田輝正が、S大空手部1年生の時に事故があります。
その事故から12年経った話です。

12年前の夏合宿で、事故は起こりました。
空手部1年生の相馬が亡くなりました。

この相馬が亡くなったことが今になって蒸し返されます。
相馬が亡くなったのは事故だったのか、何だったのか、という話です。

この相馬が亡くなった事故の裏には、やはり真相がありました。
何があったのかは読んで下さい。




他人の家


貝原英治という34歳の男性が中心の話です。
貝原は映子という妻がいます。

この貝原は昔、強盗をし、実刑で約5年間刑務所に入っていました。
出所後、パチンコ店で働き、アパートにも住んでいましたが、いきなりそのアパートの大家から出て行けと言われます。

過去の強盗がばれたのです。

ネットで貝原の事件が載っており、大家はその記事を見たのです。

貝原は行く当てもなく困っていましたが、貝原と面識がある佐藤という68歳の男性が救いの手を差し伸べます。


佐藤は独り暮らしで、一軒家に住んでいます。
そして貝原夫婦に佐藤の養子になることを勧めます。

法律上は夫婦揃って養子になることができるのです。

佐藤という苗字になれば、貝原とは縁が切れます。
貝原でなくなれば、過去のことがばれることはありません。


貝原は佐藤の誘いに乗り、佐藤の家に住み、佐藤性を名乗ることになります。


これで話が終わればハッピーエンドですが、そうはいきません。
実はこの佐藤という68歳の男性にも過去がありました。

その過去を知る時が来ます。

また佐藤になった後、貝原の過去を知る人物も現れます。

最後の逆転を読んで下さい。







横山秀夫のページ