東野圭吾 使命と魂のリミット







医学をテーマにした話です。
しかし専門用語は少なく、読みにくいということはありません。
東野さんらしく、家族を絡めた話になっています。

これは2つの話が同時に進みます。


帝都大学病院の女性研修医、氷室夕紀が中心の話と、帝都大学病院を脅迫する
エンジニアの直井穣治中心の話です。

この2人は全く繋がりがないのですが、同じ病院に関することなので話が同時に進んで行きます。

夕紀は父親の健介を病気で亡くしました。
父親は帝都大学病院で手術を受け、その後亡くなったのです。

夕紀はこの手術に疑念を抱き、手術の真相を突き止めるため医者になる決意をします。


手術をしたのが西園教授で、その西園教授は今や夕紀の指導医でもあります。
疑いを持つ西園教授から色んなことを教わる夕紀ですが、夕紀の疑念はなかなか晴れません。


一方、直井ですが、直井はある理由から帝都大学病院に狙いを付けます。
そして脅迫文を送ります。

直井がなぜこんな行動を起こすのかは、最初の方は分かりません。
しかしかなり強い恨みを持っていることは分かります。


そして真の狙いは帝都大学病院ではなくて、その病院に入院しているアリマ自動車の社長
島原総一郎がターゲットだということが分かります。


直井は島原に復讐をしようと試みます。


夕紀の西園への疑念と、直井の島原への復讐が同時進行します。
直井はエンジニアだけあって、色々な機器に詳しいです。
東野さんらしい登場人物です。


また夕紀の家族の話にもなります。
夕紀は父を手術で亡くしますが、父が亡くなった後、夕紀の母と西園教授が親密な関係になります。

夕紀の母と西園教授が再婚するかもしれない、という展開になって行きます。

複雑な家族関係の中、夕紀は研修医として勤務し、手術にも臨みます。



一方、直井はアリマ自動車社長の島原に何とか復讐しようとし、知識と技術を生かし島原の手術を
妨害しようとします。


直井はアリマ自動車の直接の被害者ではありませんが、恋人がアリマ自動車のせいで亡くなったと
考えており、その社長の命を奪おうとします。


直井はかなりの技術を持っています。
色々な機器を使いこなし、高度な技術で島原の手術を妨害して行きます。


夕紀の西園への疑念と直井の島原への復讐劇が続きます。


夕紀の西園への疑念はなかなか晴れません。
父殺し、という疑いが晴れないのです。

夕紀の疑念が晴れないまま、夕紀と西園は手術をすることになりました。
その手術をする相手がアリマ自動車社長、島原総一郎なのです。

島原は大動脈瘤の手術を受けます。
そのことを知った直井は、手術の妨害に出ます。

予め用意しておいた仕掛けを次々と作動させて行きます。

遠隔操作で帝都大学病院の停電を引き起こし、手術を妨害しようとしますが、手術は自家発電などで
継続されます。


医師、看護師たちの懸命の頑張りにより、島原の手術は行われます。


直井は既に警察に追われており、警察から逃げながら手術の妨害をして行きます。
直井の妨害工作は用意周到で、警察は直井を見つけることができません。



西園と夕紀がする島原の手術と直井の手術の妨害という2つの話が同時に進みます。
この話のクライマックスです。

直井の妨害に負けない現場の頑張りは読んでいて胸を熱くします。


直井は島原に復讐しようと手術の妨害を続けますが、あることがきっかけで自らの意志で妨害を止めます。
直井が妨害を止めたことで、島原の手術は続けられ、そして無事終わりを迎えます。


またこの手術で夕紀の西園を見る目が変わりました。
手術前までは父殺しの疑念が晴れなかったのですが、西園の手術に臨む姿勢を間近に見て
その
疑念が晴れました。

西園は父を殺していないと、夕紀は思うようになりました。


そして手術後、西園が夕紀に健介の手術のことを語り始めます。
そこで真相が全て分かります。

また西園と健介の関係も分かります。
この2人は間接的に繋がっていました。


最後の最後に逆転がある話です。
また、医療現場で起こる事件の話で、スピード感ある終盤が用意されています。


東野さんらしく家族の話であり、理系の話もあり、謎が全て解ける、という話になっています。
医療の話ですが、読みにくいことはなく、普通に読めると思います。

終盤の迫力ある展開を期待しながら、読んで行って下さい。







東野圭吾のページ