東野圭吾 ガリレオシリーズ 聖女の救済







ガリレオシリーズ5作目であり、長編としては2作目です。
聖女の救済とあるので、女性が中心となります。

女性中心に進む話です。


真柴義孝、綾音夫妻が話の中心で、そこに色々な人物が関わってきます。
特に妻の綾音が主人公とも言えます。


真柴義孝が自宅で亡くなります。
毒によって亡くなったことが分かり、他殺であることも分かります。

しかし犯人が分からず、その手口も不明です。


動機がある人物は徐々に絞り込まれ、間もなく妻の真柴綾音に絞られます。
綾音には夫を殺す動機のようなものがありましたが、しかし完全なアリバイもありました。

夫が亡くなった時、綾音は自宅を空け、北海道の実家に帰っていました。


しかし綾音が常に容疑者です。
ずっと綾音が怪しい流れで話は進みます。

綾音が使ったトリックとは何なのか、最後まで読んで確かめて下さい。



この話のタイトルは「聖女の救済」とあります。
聖女は誰で、救済とは何なのか、最後の最後で分かります。

特に救済は予想外な意味だと思います。
救済の意味が大事になる話です。


東野さん得意の、最後の最後で大逆転はありませんが、最後の最後で
謎が解けることになります。


またこの話でも内海薫が活躍します。
やはり女性中心の話なので、女性である内海の出番です。


内海が積極的にガリレオに相談に行き、気の進まないガリレオを
現場に引っ張り出します。


一方、ガリレオの友人であり、内海の上司でもある草薙は
容疑者の真柴綾音に気を惹かれます。


綾音が怪しいということを草薙はなかなか認めようとしません。
しかし最後には草薙も綾音を容疑者として見ることになります。


いわゆる不倫の話になるのですが、真柴義孝という男の考え方も
話に大きな影響を与えています。

真柴義孝という男が引き起こした事件とも言えます。


ガリレオシリーズですが、特に理系の難しい話は出てきません。
虚数解という単語が出てきますが、難しい話ではないので、すらすらと
読めると思います。


犯人は分かっています。
しかしアリバイがあるので、トリックが分かりません。


犯人はどうやって真柴義孝を殺したのか、また聖女の救済とは
どんな意味なのか、最後までしっかりと読んで下さい。



また、この話では、内海が音楽を聞く場面があります。
内海が聞いている音楽は福山雅治です。


ガリレオを演じているのが福山雅治なので、それを踏まえてのことかと思います。
この場面は、最後の方に少しだけ出てきます。

注意して読んで下さい。







ガリレオ第6作「真夏の方程式」のページ

ガリレオシリーズ

東野圭吾のページ