東野圭吾 殺人の門







「白夜行」「幻夜」と似ている話です。
しかしずっとイライラさせられます。

田島和幸と倉持修の2人の話です。
2人は小学生の時からの知り合いで、その後ずっと人生で繋がりを持ちます。

友人とは言えない関係なのですが、2人の関係は切れません。

倉持が田島を上手く操る、という話がずっと続きます。
小学生の時から倉持が田島を騙し、田島は騙され続けます。

田島は倉持にやられていることが分かっているのですが、いつも倉持の言いなりになってしまいます。


この2人に上下関係はないのですが、しかし田島は倉持に反抗できません。
田島は倉持を憎んでいるのですが、いつも言うことを聞いてしまいます。


倉持との関係を断ち切りたい田島は、倉持に殺意を抱くのですが、行動には移せません。


田島の情けなさ、臆病さがずっと続きます。
倉持を殺したいと思いながらも、倉持との関係を自らの意志で続けてしまいます。

田島は倉持を憎んでいますが、見方によっては、田島は倉持なしでは生きて行けないとも言えます。
おかしな関係の2人ですが、おかしな関係が最後まで続きます。



田島は、子供の頃は歯医者の息子で、ある程度裕福な家庭で育ちました。
しかし家族関係は上手く行っていなく、父親は不倫をしていました。

そして同居していた祖母が突然亡くなり、その後、両親は離婚します。
田島は父と同居することになったのですが、それが上手く行きません。

歯医者は潰れ、父親は新たにアパート経営を始めるのですが、失敗します。
家賃収入を愛人につぎ込むということをしてしまい、アパート経営は火の車となってしまいます。

そんな父親との2人だけの生活を田島は送っていました。

田島は中学生の時、家庭の事情で転校することになり、そこでいじめに合います。
そこから自分を守るため、田島の中で殺意が芽生えてきます。


田島と倉持は高校生の時、再会します。
この2人の間には江尻陽子という同級生の女の子がいて、田島と倉持が一応取り合う形となります。

しかしあっけなく倉持と陽子が付き合うことになり、田島は陽子と付き合うことはできませんでした。


その後、倉持と陽子の仲は急に終わりを迎えます。
陽子が自殺をし、亡くなったのです。

陽子は妊娠をし、自殺を図りました。

妊娠の相手は倉持だと推測できましたが、倉持の話によると、そうではないということです。
この話のどこまでが本当なのかは分かりませんが、倉持という男は口が上手く、自分の責任を認めることなどしません。


田島と倉持は、別々の道を歩み、就職先も違うところになりましたが、また2人は繋がりを持ちます。


お互い社会人になってから再会し、倉持の話に田島は乗せられ、いかがわしいことに手を出し始めます。
この頃から、田島はどんどんと転落して行きます。
常に倉持の話に乗せられ、落ちて行きます。

倉持は怪しげな仕事しかしない男で、上手く田島を引き込みます。
田島は騙されつつも、気が付けば倉持の話に乗っており、客観的に見れば、十分悪い側の人間です。


倉持は、簡単に言えば詐欺をして行きます。
粗悪な宝石を売ったり、老人を騙したり、株で人を騙したりと、常に詐欺をしてお金を稼いで行きます。

その都度、田島も加わっているのです。
田島は、一応反省はしていますが、悪いことをしていることに変わりはありません。


倉持は詐欺をしている時に出会った女性と結婚します。
上手く話をまとめて、結婚まで持って行きました。
倉持らしい結婚です。

そして田島はある女性と出会います。
この女性は倉持の妻からの紹介で、田島はこの女性と結婚することになりました。


これで田島も幸せになったかと思いきや、この結婚が最悪なもので、田島の転落人生は加速して行きます。


金遣いの荒い女性と結婚したことに気が付いた田島は離婚を決めます。
しかしこの結婚、離婚にも裏で倉持が絡んでいました。

実は倉持が田島を不幸へと追いやったのです。


どこまで行っても田島は倉持と縁を切ることができません。
倉持は常に田島の裏で動き続け、田島を不幸へと陥れます。

一方で田島は倉持を殺そうとするのですが、行動できません。


田島は何をやってもダメな男で、非情に情けないです。
ずっと人をイライラさせる男です。


最後にはようやく田島が倉持を本当に殺そうとするのですが、簡単には行きません。
また倉持がなぜ田島を陥れ続けるのか、最後に分かります。


倉持と田島の家庭環境が大きく影響していました。


倉持は悪い人間です。
しかしそれに簡単に乗せられる田島も良い人間とは言えません。


この2人の関係は奇妙なもので、縁を切れない田島にも腹が立ちますが、田島が情けない人間ということも分かります。
倉持に腹が立ち、田島にも腹が立つ、という話になっています。


読んでいて本当にイライラする話です。
我慢しながら読んで行って下さい。







東野圭吾のページ