聖の青春






将棋に全てをかけた村山聖という人の生涯です。
わずか29年という短い生涯でしたが、その人生は非常に濃いもので、多くの人を
感動させるものです。

生まれながらネフローゼという重い病気に侵され、いつ命が尽きるのか分からない人生を歩み続け
短い人生全てを将棋にささげ、将棋界でもトップレベルまで上り詰めました。


その村山聖さんの生まれてから亡くなるまでの記録です。


将棋界を知っている人は読みやすいと思います。
将棋界を知らない人は、ゆっくりと時間をかけ読んで下さい。


また将棋の難しい話は出てきません。
ですので、将棋を知らなくても読める本です。


命を懸けて戦うとはどんなことなのかが分かります。
よく命を懸けるなどと言いますが、この本を読めば本物の命を懸ける姿勢を
知ることができます。


本当に命を懸けて戦っているのです。


命を懸けると、お金などちっぽけな存在です。
今生きることが大事なのです。



村山さんが駆け抜けた29年の生涯を読んで、命を懸ける姿勢の凄さを知って下さい。
また一つのことに打ち込む姿勢も勉強になります。


この本から人生の教訓を得て欲しいと思います。





将棋の本