東野圭吾 プラチナデータ







DNAに関する話で、やはり東野さんらしく理系の色が出ています。
しかし難しくはないので、読み進めることができます。

警察は、より進んだDNA鑑定で犯罪捜査を進めようとします。
そのDNA鑑定では、詳細な個人情報が分かり、犯人の顔までも分かる、というものです。

新しいDNA鑑定のシステムが中心になってきます。
このシステム製作には、複数の人物が関わっています。


その中でも蓼科(たてしな)兄妹が大きく関わっています。

特に妹の蓼科早樹(たてしなさき)は天才プログラマーで、このシステム作りに大きく関わっています。
というよりも、蓼科早樹なくして、このシステムはあり得ません。


警察がもちろんこのシステムを管理していますが、警察の中でも特別の警察庁特殊解析研究所で扱っています。
そこに主任解析員の神楽(かぐら)龍平という人物がいます。

この神楽が話の中心になってきます。

また神楽と蓼科兄妹、そして警察の浅間警部補が関わってきます。



ある時、連続婦女殺人事件が発生します。
この事件はどういう訳か新しいDNA鑑定では解決できません。

データにはない人物が犯人です。


なぜこの事件が解決しないのか、謎を解く話と、蓼科兄妹が繋がってきます。



しかしある日、蓼科兄妹が殺害されるという事件が起こります。
しかもこの事件と連続婦女殺人事件が繋がっていることも分かります。


この2つの事件の繋がりとは何なのか、警察の浅間が追いかけます。


人が多く亡くなる話です。
重要人物だった蓼科兄妹もあっけなく亡くなります。


真犯人を追いかける話と、DNAシステムの謎を解く話が繋がります。
また神楽にも秘密があります。
神楽は2重人格者なのです。


普段は神楽ですが、たまにもう一人の人格「リュウ」が現れます。
そしてこの「リュウ」がどうやら蓼科兄妹を殺害したようなのです。


「リュウ」が容疑者だと分かると、神楽は警察から逃れようとし、さらに蓼科兄妹がしていたことを
明らかにしようとします。


蓼科兄妹は、新しいDNA鑑定にある「プラチナデータ」を解決する「モーグル」を開発したということです。

「プラチナデータ」とは何なのか、「モーグル」とは何なのか、徐々に真実に迫って行きます。
「プラチナデータ」は連続婦女殺人事件に繋がり、このDNA鑑定全体にも繋がります。



「プラチナデータ」「モーグル」が分かる過程で、犯人も分かってきます。
誰が蓼科兄妹を殺害し、誰が連続婦女殺人事件の犯人なのかが最後に分かります。

東野さんらしく最後で逆転があります。


一応、殺人事件の話とも言えますが、「プラチナデータ」の話とも言えます。
しかし「プラチナデータ」はそれほど話の中心ではありません。

それ以上に2重人格者、神楽の話が中心です。


神楽はDNA鑑定をする主任解析員であり、2重人格者でもあります。
常に「リュウ」というもう一人の人格がいます。

「リュウ」は神楽を普段見ているのですが、神楽は「リュウ」が何者なのか知りません。
「リュウ」は絵が描くのが好きで、手の絵、少女の絵を描いています。

「リュウ」と神楽の人格の話が中心となって行きます。
徐々にこの2つの人格は一つになろうとしますが、簡単ではありません。

そして「リュウ」の人格が大きな影響を神楽に与えます。

この「リュウ」という人格の誕生ですが、神楽の子供自体にその答えがあります。
東野さんらしく、家族の話となっています。


この「プラチナデータ」という話は、2重人格者、神楽の話とも言えます。
色々な話が関わってきますが、それなりに読者を引き込むと思います。

話の焦点が分かりにくいかもしれませんが、最後まで読んで下さい。







東野圭吾のページ