ネイティブスピード



今日学んで明日聞こえる!効果抜群の新リスニングプログラム教材!リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」



スコット先生の「ネイティブスピード」を紹介して行きます。

この教材はリスニングを鍛えるものや発音を学べるものとは異なります。
ネイティブのスピードについて行くことだけを目的としています。

ネイティブの話す速度は当たり前ですが速いです。
ゆっくりと話す場合は聞き取れても、ネイティブスピードで話されると何を言っているのか
分からない、という場合は多いです。

そうならないように、この教材で徹底してネイティブスピードに慣れて下さい。


リスニング力を付けることはもちろんできます。
この教材は速さに慣れることを目的としているので、この教材をやり終えれば
余裕を持って英語を聞けるようになってきます。


結構学ぶ内容はあるので、教材をこなしている途中にスピードについて行けるように
なってきます。



この教材はテキストとCD2枚になります。
CDを元に学習を進めて行きます。

教材には英文が載っていますが、見ないで聞いてスピードに慣れて行きます。
何度も聞くことでネイティブが何を言っているのか分かるようになります。


単語の発音から、長い英文へとスピードに慣れて行けるようになっています。
長い英文は結構収録されており、一度聞いただけではスピードについて行けません。

何度も繰り返し聞いて、スピード慣れするまで鍛えて下さい。


この教材は22のセクションから成ります。
徐々にスピード慣れして行けるように工夫されています。

22のセクションですが、1日1セクションできれば良いですが、そうは行きません。
特にセクション6は長いので、数日かかると思います。
1週間以上かかるかもしれません。


セクション6が一つの大きな山なので、これを越えられるように努力して下さい。
やはりスピード対策は簡単ではないのです。

単に英語を聞くのではなくて、ネイティブスピードに完全について行くことをするので
単なるリスニング以上の努力を必要とします。


セクション6が終わると、結構スピード慣れをしているはずです。
セクション6はやることが多いので、セクション6を越えれば、あとは結構テンポ良く
こなして行けると思います。


また色々な英文が出てくるので、ネイティブスピードで英語表現を身につけることもできます。
英文を見ないで、ネイティブスピードで聞いて、英語表現を身につけて下さい。


英文を見ると、どうしても効果は落ちます。
英文は見ないで、聞いてネイティブスピードに慣れて下さい。


当たり前ですが、耳を鍛えないと意味がありません。
英語耳をしっかりと鍛えて、早口のネイティブにも付いて行けるようにして下さい。

早口対策もこの教材でします。



セクション22が終わる前にスピード慣れしているはずですが、セクション22まで終えて
スピード対策を終えて下さい。


この教材が終われば、かなりスピードに付いて行けるようになっています。
こなすのが簡単ではない教材なので、その分鍛えられます。


簡単に終えられる教材だと、身に付くことは少ないです。
大変だからこそ、得るものは大きいのです。



このスピード対策の教材は、リスニング以上の力を付けて行きます。
リスニング学習が終わった人に向いているかと思います。


一応初級者も大丈夫ということですが、中級者以上に向いている教材と言えると
思います。


リスニングはそこそこできるが、スピードに付いて行けない人は、この教材を用いて
スピード慣れして下さい。


スピード慣れすれば、余裕を持って英語を聞けるようになります。



なお以下のページでサンプル音声が聞けるので、サンプルを聞いてどんなものか
試して下さい。


↓              ↓

今日学んで明日聞こえる!効果抜群の新リスニングプログラム教材!リアル・イングリッシュ「ネイティブスピード」


戻る