ネイティブスピーク



英語の発音を本格的に学べる「ネイティブスピーク」に付いて紹介します。



世界初!口の中の動きがCG映像で見える発音教材「ネイティブスピーク」



ネイティブスピークはネイティブの舌の動きと口の動きを学べる、画期的な
発音教材です。

単に聞くだけでは発音習得は難しいです。
また口の動きだけ見ても、発音習得はなかなかできません。


発音は舌の動きが大きな役割を果たしています。
舌をどこに動かすのかで、音が変わるのです。

舌の動きを確認しながら、英語の発音ができるように学んで下さい。


母音、子音、全てを、舌と口の動きを見て学ぶことができます。
実際ネイティブの舌の動きは、かなり真似するのが難しいです。

日本人の発音と舌の動かし方が違うので、ネイティブの舌の動かし方を学んで
正しく発音できるようにして下さい。



口よりも舌の動きが大事と言えるのが発音です。
その舌の動きを徹底して学べるようにしたのがこの教材です。

舌の動きを学んで、そしてネイティブの口を見て、母音、子音を正しく発音できるように
して行って下さい。



また、母音、子音だけではななく、英単語、英文でも言う練習をします。
やはり英単語、英文を言えないと意味がないので、こういうものでも英語の発音の
練習をして行きます。



まず「i」という母音から学んで行きます。
ネイティブの舌の位置を確認し、口を見ながら発音を学びます。

何度か練習した後、単語、英文でも鍛えます。



easy, eat, each, seat, heat, need, tree, fee, knee



この単語の発音をして行きます。
「i」の発音を意識して発音して行きます。

そして



Please have a seat.

Could you turn up the heat?

I need to be at the airport at 8 am.




これらの英文でも発音を鍛えます。
「i」の音を意識することはもちろんですが、ネイティブの口の
動きを見られるので、その動きを真似て、正しく英文を
言えるように練習して下さい。



この教材は、まず母音、子音をしっかりと舌、口の動きを見て発音を学びます。
もちろん自分で発音しながら学びます。

そしてその後英単語の発音をし、英文の発音をして、さらに鍛えて行きます。



母音、子音 → 英単語 → 英文



こういう順番で発音を鍛えて行きます。
英単語、英文は大事なので、しっかりと言えるまで何度も繰り返し練習して
鍛えて下さい。



ネイティブスピークは発音習得が本格的にできる教材です。
リスニング教材ではなく、発音習得だけに絞った教材です。

日本人が常に困る発音をモノにできる教材なので、この教材で発音を
綺麗にして行って下さい。


なお2か月もあれば終わるようになっています。
しかし2か月で発音学習をやめると発音が悪くなっていくので、何度も
復習をして、発音を確実にモノにして下さい。


教材は以下です。



世界初!口の中の動きがCG映像で見える発音教材「ネイティブスピーク」



戻る