東野圭吾 浪花少年探偵団







短編「しのぶセンセの推理」が好評でシリーズ化されたものです。
東野さんの次姉が小学校の教師で、取材には苦労しなかったということです。

これは小学校教師のしのぶセンセと、その児童たち、という話で
大阪の町を舞台にした、痛快話です。


しのぶセンセは竹内しのぶという25歳の小学生教師で
大路小学校の65組を受け持っています。

独身で今、結婚適齢期と言えます。


話は5つの短編から成りますが、全てしのぶセンセの話になり
面白く読めるものばかりです。


本格推理というものではなく、楽しみながら読める話なので
読んで楽しんで下さい。



しのぶセンセの推理



しのぶセンセのクラスの生徒の父親が亡くなる事件があります。
それをしのぶセンセが解決して行きます。

漆崎、新藤という刑事が出てきますが、しのぶセンセが中心になり解決します。
いきなりしのぶセンセが炸裂するので、楽しんで読めます。




しのぶセンセと家なき子



しのぶセンセのクラスの生徒の田中鉄平が、ゲームソフトを
盗まれる被害に遭います。
しのぶセンセが解決に乗り出します。

ソフトを盗んだ少年を見つけますが、その少年には事情があります。
少年は家なき子なのです。

少年の家庭事情が出てくるあたり東野さんらしい話です。



しのぶセンセのお見合い



タイトル通り、しのぶセンセがお見合いをします。
本間という28歳の男性とのお見合いが組まれます。

しかしお見合いの日に、本間が働いている会社の社長が亡くなる
ということが起こります。

これは殺人事件で捜査が始まり、お見合いどころではなくなります。


しのぶセンセを狙っているのは、刑事の新藤も同じです。
新藤と本間の2人がしのぶセンセを狙うことになります。

事件は解決しますが、しのぶセンセを巡る戦いが始まることになります。



しのぶセンセのクリスマス



クリスマスにしのぶセンセとは関係のない人物が亡くなります。
事件性があり捜査が始まります。

しのぶセンセはお見合いをした本間とクリスマスを過ごそうとします。
しかしそこに新藤もやってきます。


しのぶセンセと本間と新藤というおかしな組み合わせで
クリスマスを過ごそうとしますが、そこからこの関係のない事件に
話は繋がって行きます。

本間と新藤はライバルですが、仲間のようにもなって行きます。
この2人としのぶセンセの関係を読んで下さい。



しのぶセンセを仰げば尊し



しのぶセンセの学校でも卒業式の時期がやってきます。
生徒との別れの日です。

しかしその卒業式の日に事件が起こります。
しのぶセンセは事件の方に行き、卒業式は出席できないのですが
最後には生徒たちとの別れが待っています。

また新藤が思い切ってしのぶセンセにプロポーズをします。
どうなったのかは読んで確かめて下さい。







東野圭吾のページ