T.D. ミントン ここがおかしい日本人の英文法U








第2弾です。
内容はかなり専門的になっています。



目次


項目  ページ 
1 受動態の用法(その1)
  作り方の基本 
 ●能動態の目的語、受動態の主語
 ●...ed形と...ing形を混同しないように
 ●by以外の前置詞について
   
2 受動態の用法(その2)
  受動態にすべきか、能動態にすべきか 
 ●受動態にすると不自然な動詞
 ●by...つきの受動態とby...なし受動態 11 
 ●既知の情報を先に、新しい情報をあとに 13 
 ●byのあとには新しい情報がくることが多い 18 
 ●どこに関心があるか 22 
 ●The cat was named Cedric by the children. について 24 
 ●ジーンズが先か若者が先か 25 
 ●受動態嫌いのワープロソフト? 28 
 ●能動態が万能とは限らない 29 
   
3 形容詞の用法(その1)
  むやみに形容をしてはいけない 
33 
 ●humanをlifeにくっつけると 33 
 ●For a beautiful life. にすると 35 
 ●限定用法の形容詞と叙述用法の形容詞 36 
 ●限定形容詞とnature 38 
 ●限定形容詞と人名 40 
 ●限定形容詞と場所の名前 41 
 ●限定形容詞と代名詞 41 
 ●every-/some-/any-/no-...+ 形容詞 42 
   
4 形容詞の用法(その2)
  比較級で使うことのできない形容詞とは?  
45 
 ●記述形容詞と分類的形容詞 45 
 ●英語のuniqueと日本語の「ユニーク」 46 
 ●日本語の「すばらしい」について 47 
 ●「色」について 48 
 ●veryで修飾できない種類の記述形容詞とは? 49 
 ●副詞のquiteについて 51 
 ●quiteとalmost 52 
 ●not quiteとalmost 53 
 ●quite happyはどれくらいhappyか? 53 
   
5 形容詞の用法(その3)
  local,willing,likely,generous,available, of + 名詞, absent, so-called, popular 
56 
 ●local 56 
 ●willing 58 
 ●likely 61 
 ●generous 66 
 ●available 67 
 ●of+名詞 75 
 ●absent 77 
 ●so-called 81 
 ●popularとcommon 82 
   
6 副詞の用法(その1)
  句動詞と前置詞つき動詞の違い 
84 
 ●区別して考える 85 
 ●つなぎ役としての前置詞、文意に影響しやすい副詞不変化詞 87 
 ●call off itはなぜ間違いか? 88 
 ●前置詞は文意を大きく変えないことが多い 88 
 ●句動詞はイディオムであることが多い 89 
 ●正確なコミュニケーションを図るために 91 
   
7 副詞の用法(その2)
  in,later,afterを使い分ける 
96 
 ●in 97 
 later 102 
 ●after 104 
   
8 副詞の用法(その3)
  ago,before,earlierを使い分ける 
110 
 ●ago 111 
 ●before 113 
 ●earlier 118 
 ●untilとby 119 
   
9 副詞の用法(その4)
  soonとimmediatelyを使い分ける 
124 
 ●soon 124 
 ●immediately 125 
   
10 副詞の用法(その5)
   justと「ちょうど」 
130 
   
11 副詞の用法(その6)
   程度を表す副詞 fairly,quite,rather,prettyを使い分ける 
145 
 ●イントネーションによる意味の違い 145 
 ●使用頻度の差について 147 
 ●動詞修飾について 152 
 ●somewhatとreasonably 155 
 【Mini-Survey】 157 
   
12 副詞の用法(その7)
   程度を表すa little/bitとslightlyを使い分ける 
165 
 ●「肯定的な」形容詞とは使いにくい 165 
 ●「否定的な」形容詞を修飾する場合 166 
 ●「中立的な」形容詞と「低い程度」の副詞 167 
 ●a little/bit, slightlyと形容詞の位置 168 
 ●比較級や動詞といっしょに使われた場合 168 
   
13 副詞の用法(その8)
  hardlyの「否定度」について 
173 
 ●「完全な否定」を表さない場合 173 
 ●hardly, scarcely, barelyの使用頻度について 174 
 ●「〜するやいなや」の構文について 176 
 ●〈difficultの意味のhardly〉+動詞について 177 
 ●「完全な否定」を表す場合 179 
 ●「タイプ@」の文と「タイプA」の文を見分ける方法 181 
 ●almost 185 
   
14 副詞の用法(その9)
   tooとenoughを使い分ける 
189 
 ●too 189 
 ●enough 196 
   
15 副詞の用法(その10)
   so...that構文と「因果関係」 
206 
 ●因果関係が重要 208 
 ●強調のsoを単独で用いる場合 211 
 ●such...that〜 214 
 ●強調の副詞that 215 
   
16 副詞の用法(その11)
   much 
218 
 ●副詞のmuchと形容詞・過去分詞 218 
 ●副詞のmuchと動詞 223 
 ●限定詞のmuch,many 228 
 ●別の副詞を考える 230 
 ●too much 232 
 ●代名詞のmuch,any 233 
   
17 副詞の用法(その12 )
   everと「今までに」 
239 
 ●everと疑問文 239 
 ●everと否定文 241 
 ●everと肯定文 242 
   
18 副詞の用法(その13)
   apparentlyとapparent 
245 
 ●副詞apparently 245  
 ●形容詞apparent 246 
   
19 shallとwill be ...ingについて
   「未来を表す時制」についての補足 
249 
 ●shall 249  
 ●will be ...ing 252 
   
語句索引  256 




見ての通りの内容です。
目次で内容が分かります。

主に副詞の説明となります。
副詞だけでこれだけ説明がある本は珍しいです。

副詞は色々な使い方がある便利なものです。
しかし意味や使い方を間違っているものもあります。

身近な単語こそ、しっかりと学んで下さい。



第1弾とは違う内容なので、併せて読むと英文法をさらに学ぶことができます。
やや堅い内容なので、ゆっくりと丁寧に読んで下さい。

専門用語も多く出てきます。
なかなか理解しずらい個所も多いので、何度も丁寧に読んで下さい。


これは本格的に英語を学びたい人向けです。
初級者ではなくて、上級者向けと言えます。








戻る