T.D. ミントン ここがおかしい日本人の英文法







ネイティブが説明する英文法の本です。
参考書をまとめたような内容なので、英文法を学ぶことができます。



目次

項目 ページ数
  1 未来を表す時制(その1)
    基本パターン
 1
   
  2 未来を表す時制(その2)
    be going to doと現在進行形の違い

 6
 ●現在進行形が予定表現に使えない場合  7
 ●例えば、飛行機の翼が折れたら  8
 ●was/were going to do の用法  8
   
  3 未来を表す時制(その3)
    willを使い分ける@  
10
 ●willが「その瞬間の意向」を表さない場合 10
 ●「予測」のwillを使うときの安全策  12
●「予測」を表すbe going to do 13
   
  4 未来を表す時制(その4)
    willを使い分けるA   
15
   
  5 現在形の用法
   TODAY I SMOKE.について考える  
20
 ●通じる英語にしてみると 21
 ●現在形の用法 22
   
6 代名詞one,we,they,you
   一般人称の代名詞を使い分ける
 
25
 ●形式ばったone 25  
 ●weがいれば、theyがいる  26
  ●万人向きのyou 27 
   
  7 冠詞と名詞の複数形
   aにするか、theにするか、それとも複数形にするか   
30 
 ●数えられる名詞は「裸」になれない 30 
 ●一般論と名詞の複数形 31 
 ●aにすべきか、複数形にすべきか    32 
 ●数えられる名詞が「裸で」登場する場合 35 
   
  8 冠詞のaとthe
   意味の基本をおさえる   
37 
 ●定冠詞theの持つ意味 37 
 ●「規則」に縛られないように 38 
   
  9 現在完了形の用法
   過去と現在のつながり
42 
 ●過去形と過去完了形の違い 42 
 ●個人的な経験を表す用法 47 
 ●the first time + 現在完了形 49 
   
  10 現在完了形と副詞
   already,yet/recently,lately/just/stil
51 
 ●already 51 
 ●yet 52 
 ●recenly 54 
 ●lately 55 
 ●just 56 
 ●still 57 
   
  11 現在完了進行形の用法
    現在完了形とどう使い分けるか
60 
 ●話し手の伝達内容の違い 60 
 ●現在完了進行形では「完了」か「進行中」かは状況次第 62 
 ●How long + 現在完了進行形 63 
 ●How long + 現在完了形 65 
 ●現在完了進行形とfor,since 66 
 ●進行形にならない動詞 67 
   
  12 過去完了形の用法
    過去形とどう使い分けるか
68 
 ●過去完了形を使わなければならない場合 70 
 ●希望、期待をほのめかす用法 73 
 ●間接話法と過去完了形 74 
 ●過去完了形における時間的つながり 76 
 ●過去形でもよい場合 78 
   
  13 助動詞used to とwould
    used toは「状態」と「動作」、wouldは「動作」のみ
81 
   
  14 「依頼」を表す助動詞
    丁寧度の違い   
84 
 ●Will you・・・?は「依頼」よりも「命令」に近い 84 
 ●Can't you...? 87 
 ●丁寧度を上げるには 88 
   
  15 「許可」を求める助動詞
    丁寧度の違い 
90 
 ●with...とtogether 90 
 ●May I...? が安全 92 
 ●丁寧度を上げるには 93 
   
  16 「依頼」「許可願い」の表現とその答え方
     答えるときも失礼にならないように
94 
 ●Is it all right if...? と Is it all right to...? 94 
 ●Would you mind...?と Do you mind...? 94 
 ●依頼・許可願いに対する答え方 97 
   
  17 「可能性」を表す助動詞
    実現可能性のレベルについて考える
100 
 ●実現可能性のレベルの違い 101 
 ●現在の実現可能性を表す用法 102 
 ●may/might wellとmay/might as wellの違い 104 
 ●「〜と同じこと」を表すmay/might as well 109 
   
  18 mustの用法
    mustとhave toの違い、mustとbe sureの違い
110 
 ●mustとhave toの違い 110 
 ●否定形の意味の違い 112 
 ●「規則」を表すmust 113 
 ●強い推定を表すmust 115 
 ●未来に関して推定を下す場合 118 
 ●勧誘・奨励を表すmust 119 
   
  19 surelyの用法
     時代遅れの訳をしないように
121 
   
  20 never fail to / without failとalways
    「必ず」を英語にするときの危険
127 
 ●never fail to / without fail 127 
 ●alwaysが安全 128 
 ●Don't fail to... 129 
 ●make a point of と make it a rule to 131 
 ●by all means 133 
   
  21 knowの用法
    「あなたは徳川家康を知っていますか」をどう訳す?
137 
   
  22 「have + 人 + do + ものごと」と「get + 人 +to do + ものごと」
     立場の違いに注意
141 
 ●letとmake 141 
 ●haveとget 142 
 ●「have + ものごと + done」と「get + ものごと + done」 144 
   
  23 keep ...ingの用法
  「〜し続ける」を英語にするときの危険
146 
   
  24 supposeの用法
   thinkとの違い、そして受動態について
150 
 ●I suppose... 150 
 ●be supposed to... 154 
   
 語句索引 158 




この本の内容は目次で分かります。
見ての通り豊富な内容です。

細かい説明が多くあるので、何度も読んで理解を深めて下さい。


間違いやすい冠詞、時制、助動詞、使役動詞などの説明があります。
また単語の説明もあるので、正しい意味を理解して下さい。

「surely」の意味は間違いやすいです。
辞書を引いても説明が少ないので、こういう本を参考にして単語の正しい意味を
理解するようにして下さい。







戻る