東野圭吾 マスカレード・ホテル







東野さんらしさが詰まっているとも言える内容で、新たなことに挑戦した内容とも言えます。
個人的にはかなり気に入っている話です。

コルテシア東京という一流ホテルが舞台です。
このホテルで事件が起こるということで、警察が乗り込んできます。

殺人予告のようなものがあり、このホテルで事件が発生することはまず間違いなさそうです。

そこで警察は警察官をホテルマンに扮装させ、潜入捜査を始めようとします。
ホテル側もこの提案を受け入れ、ホテルマンに扮した警察官とともに、ホテル業務をこなすことになります。

主人公はコルテシア東京のフロントクラークの山岸尚美と、ホテルマンに扮した警部補、新田浩介です。

この2人がコンビを組み、ホテル業務をこなしながら、捜査もして行きます。


ホテル業務ではもちろん尚美が指導し、新田が従います。
捜査では新田は行いますが、尚美は何もしません。というよりも何もできません。

ホテル業務と捜査という異なる2つが同時進行して行きます。


まずはホテル業務です。

尚美の指示に従い、新田もホテルマンとしてフロントの仕事をこなして行きます。
新田は最初乗り気ではなかったですが、徐々にホテルマンらしくなって行きます。


ホテルには色々な人がやって来ます。
事件とは関係のない人たちですが、ホテルがどう対応しているのかが分かります。

ホテルの実情、ホテルマンの苦労を知ることができます。


また、色々な客を相手にしていますが、その中の何気ない話が最後に繋がってきます。
こういう展開は東野さんらしいです。

何気ない話に注目して読んで下さい。


ホテル業務をこなしながら捜査をするのですが、事件の真相はなかなか分かりません。
このホテルで殺人事件が起こりそうなのですが、誰が誰を狙うのか分かりません。

一応、事件が起こる日は分かっているのですが、その日に何が起こるのか不明です。
そんな中、徐々に殺害予告の日がやってきます。


新田はもちろん捜査をしながらホテル業務をこなしますが、尚美は捜査のことは知りません。
また警察はホテル関係者に捜査の情報を流しません。

しかし新田は、尚美に捜査状況を教えて行きます。
新田が口を滑らした形になるのですが、尚美は捜査状況を徐々に知って行きます。


この話には、もう一人主人公と言って良い人物がいます。
能勢という刑事で、新田とコンビを組んでいます。

能勢は脇役なのですが、鋭い勘を働かせ、独自に捜査を進めます。
能勢の活躍なしで、事件の解決はありません。

しかし能勢が表に出ることはありません。
常に脇役で、裏に徹します。

名脇役、能勢のおかげでこの話は面白くなっています。

東野さんの話で、名脇役が活躍することはかなり珍しいです。
新たな挑戦という感じがします。



話はついに最後を迎えます。
つまり、殺人予告の日を迎えます。

警察は厳戒態勢で、コルテシア東京で目を光らせています。
そんな中、不審人物が現れました。

この人物が犯人なのかどうかですが、やはり東野さんの話です。
最後に逆転があります。


この逆転のトリックは、他の話で使われていたものです。
それは「回廊亭殺人事件」です。


思わぬ人物が犯人で、思わぬ人物が狙われていました。
そしてその事件を見事警察が解決します。

最後の最後に逆転が用意されています。
そして最後まで能勢は脇役に徹します。

能勢の見事な脇役ぶりもしっかりと読んで下さい。


また、タイトルの意味は読んでいれば分かります。
正体がばれてはならないのです。

タイトルの意味を確かめながら、読んで行って下さい。
個人的にはかなりお気に入りの話です。







東野圭吾のページ