マーク・ピーターセン 日本人の英語






言わずと知れた名著です。
多くの日本人英語学習者に衝撃を与えた本です。
1988年発行ですが、いつ読んでもためになるので、全ての英語学習者にお勧めです。



目次

項目  ページ 
1 メイド・イン・ジャパン はじめに 
2 鶏を一羽食べてしまった 不定冠詞  10 
3 あの人ってだれ? 定冠詞  20 
4 間違いの喜劇 単数と複数      29 
5 思いやりがなさすぎる 純粋不可算名詞 38 
6 文脈がすべて 冠詞と複数     48 
7 慣用の思し召し さまざまな前置詞  56 
8 意識の上での距離 onとin 64 
9 「かつら」と「かもじ」 offとout   72 
10 明治な大学 名詞+of+名詞   82 
11 もっと英語らしく 動詞+副詞   89 
12 点と線 完了形と進行形     96 
13 泣きつづける彼女 未来形   107 
14 去年受賞したノーベル賞 関係詞の2つの用法 118 
15 アダルトな表現をめざして 先行詞と関係節  129 
16 慎重とひねくれ 受動態と能動態    139 
17 知識から応用へ 副詞   150 
18 したがってそれに応じる 副詞と論理構造    160 
19 「だから」と「だからさ」の間 接続詞  170 
20 自然な流れを大切に おわりに     181 
   
  あとがき                     195 




目次は以上の通りです。
この本では前置詞も学ぶことができます。

「on」「in」「out」「off」はとても英語らしい前置詞となります。

これらは立体と平面を意味するものです。
実は英語は立体と平面を常に意識します。

立体なのか平面なのかで前置詞が変わります。


立体なら「in」で、平面なら「on」です。
立体なら「out」で、平面なら「off」です。


日本語で「オン」「オフ」と言ったりしますが、日本人の感覚には
立体、平面などありません。

「on duty」というと、そこには平面の意識があるのです。
「接する」ということですが、「on」は常に平面です。


「out」は常に立体を意識しています。
「out of」となると、何か立体的なものから外へ、となります。

逆に平面から離れるのなら「off」です。


立体か、平面か、という意識はとても英語では大事になります。
こういうことをこの本から学んで下さい。


ネイティブの説明らしい本です。
日本人にはない感覚を学べます。







戻る