東野圭吾 ガリレオシリーズ 虚像の道化師







幻惑す(まどわす)

心聴る(きこえる)

偽装う(よそおう)

演技る(えんじる)



ガリレオシリーズ第7作です。




幻惑す(まどわす)




いわゆる怪しい宗教団体の話です。
教祖が不思議な力を持っており、その力が何なのかガリレオが解明して行きます。


ある時、この宗教団体の信者が教団の建物の5階から飛び降り、亡くなります。
自殺なのかどうかということですが、教祖が自分が殺したとして、自首してきます。

教祖が念力を送ることで、その信者は5階から落ちてしまった、ということです。


その念力が怪しいのです。


ガリレオがこの不思議な念力のトリックを解明しますが、最後はタイトル通りの
展開になります。

怪しい宗教団体なので、信者をだます、ということになるのですが、騙されていたのは
実は信者だけではないのです。

惑わされていたのは信者以外にもいたのです。
最後にしっかりとタイトルが分かるようになっています。



最後を期待しながら読んで行って下さい。




心聴る(きこえる)




いわゆる幻聴の話です。

事件が幾つか起こりますが、幻聴がきっかけです。
その幻聴の謎をガリレオが解明します。

この話では、草薙がナイフで刺され入院します。
それにより、草薙と警察学校同期の北原が捜査をします。

北原と内海の2人で捜査し、そしてもちろんガリレオの協力もあり
解決して行きます。


北原とガリレオはあまり上手く行きませんでしたが、最終的には一緒に事件解決に
向かいます。


結構中身が詰まっていると言える話ですが、短編に話を積み込み過ぎた
感じもします。


幻聴の謎が最後には解けますが、犯人と北原の立場が重なっている部分もあります。
北原が主役と言える話です。




偽装う(よそおう)




学生時代の友人の結婚式に招かれた先で殺人事件に遭遇します。
強引な感じもしますが、自然に話は進んで行きます。


ガリレオと草薙は友人の谷内の結婚式に出席します。
東京から遠く離れたところで、警視庁は関係のない土地です。

そして結婚式場とは違う場所で殺人事件が起こります。


亡くなったのは有名作詞家の桂木武久と妻の亜紀子の2人です。
第一発見者は娘の多英です。

この事件の裏にある真相を、たまたまその土地に居たガリレオが解明して行きます。
警視庁の管轄外なので内海の出番はありません。


また草薙は警視庁の刑事ということで、一応捜査に加わりますが管轄外なので
本格的な捜査はしません。

ガリレオが一人で謎を解明して行く話です。


これは理系の話もありますが、ガリレオの優しさが出ている話です。
ガリレオらしく論理的に解決して行きますが、徐々に桂木一家の事実が分かります。

桂木一家には何があったのか、またガリレオがどう解決して行くのか読んで下さい。

この虚像の道化師の中では一番読み応えがある話です。




演技る(えんじる)




いきなり殺人が起き、犯人が分かるところから始まります。
いきなり話が終わりそうですが、話は進みます。

タイトル通りの内容です。


殺人が起こったのですが、その犯人が演じているのです。
何を演じているのか、最初の頃は分かりませんが、最後には分かります。


犯人は劇団員なので演じ慣れています。
その演技に警察は振り回されます。


この犯人が演じているものとは何なのか、最後まで読んで確かめて下さい。
劇団員らしい理由が隠されています。


この話でこの本は終わりです。
何かあっけなく終わったという感じです。
はっきり言って、物足りなさが残る話です。


当初はこれでガリレオシリーズが終わりということでしたが、次作が出ました。


こんな話で終わっていては残念です。
この「演技る」は最後としてはかなり物足りません。


そこで東野さんは第8作を書き下ろしました。


7作でがっかり来ても、第8作でしっかりとガリレオシリーズを書き上げているので
期待して第8作を読んで下さい。


この「虚像の道化師」でガリレオシリーズは終われません。







ガリレオ第8作「禁断の魔術」のページ

ガリレオシリーズ

東野圭吾のページ