東野圭吾 黒笑小説







「笑」シリーズ第3弾です。
今回は小説界の裏側が結構書かれています。
小説界の裏側を面白おかしく書いていますが、厳しくも寂しい現実が分かるようになっています。

他には下ネタあり、家族の話あり、理系らしい話あり、少し感動する話あり、と色々
収められています。


「笑」シリーズなので、本格的な小説ではありません。
本格的な小説を期待している人には向いていません。

東野さんの違う一面を知ることができる話です。


個人的には「笑」シリーズは、どんどんと面白くなっていると思います。
「黒笑」はかなり笑える内容です。

小説界の裏事情は面白いです。








東野圭吾のページ