東野圭吾 十字屋敷のピエロ







個人的に気に入っている話です。
十字の形をしている屋敷にあるピエロが主人公です。

ピエロは人形なので話しませんが、この話ではピエロの語りが
中心となって行きます。

事件が起こるのですが、目撃者はピエロだけです。


この話も東野さんらしく、序章のようなものから始まります。
しかし序章ではありません。
「ピエロの目」という話です。

いきなりピエロの前で人が飛び降り自殺をします。
この飛び降り自殺が、最後に大きく影響します。


話は、十字屋敷に住む人たちが中心となって進みます。
その十字屋敷である日、人が殺されます。

外部犯の可能性は低く、内部犯の可能性が高まります。


この殺人事件が話の中心となります。
目撃者はピエロだけです。

ピエロの前で人が殺されますが、犯人が誰なのか分かりません。
怪しい人たちはいますが、決定打に欠けます。


しかし徐々に犯人は絞り込まれます。
その途中、新たに殺人が起こります。


人がまた亡くなったのですが、これも含めて一連の殺人事件になります。



犯人は最後には分かるのですが、犯人が分かる過程も
大事になっています。


また犯人逮捕後がこの話のメインとも言えます。


この殺人事件は解決しましたが、最初の飛び降り自殺との関連が
分かりません。

最初の飛び降り自殺の真実が、実はこの殺人に繋がっているのです


飛び降り自殺と殺人は無関係のように思われましたが、実はすごい裏が
隠されていました。

この殺人事件には黒幕がいました。
しかも全く予想できない人物が黒幕です。

この事件の裏をほのめかす場面も途中で出てくるので、丁寧に読んで下さい。



東野さん得意の最後の最後で大逆転ということなのですが
この大逆転は、予想できない大逆転です。


色々な東野さんの大逆転がありますが、これほどまでの大逆転は
他にないと言えます。

それくらいの大逆転です。

予想できない結末が待っています。
事件の真実を読んで下さい。



目撃者はピエロだけという話ですが、ピエロの前で人が色々な
行動を起こします。

最後の最後の、予想できない大逆転を期待して読んで行って下さい。

1989年発行の話ですが、初期の作品とは思えないくらい
完成度は高いです。







東野圭吾のページ