東野圭吾


東野さんと言えば、ガリレオシリーズと加賀恭一郎シリーズの2つのシリーズが有名です。
この2つは必ず読まなければなりません

ガリレオは帝都大学理工学部物理学科准教授の湯川学のことで、理系の知識を駆使して
事件を解決して行きます。

一方加賀恭一郎は刑事で、最初は警視庁、その次は練馬署、そして日本橋署へと異動します。
加賀も論理的に事件を解決して行きます。

この2つのシリーズはしっかりと読んで下さい。


ガリレオシリーズ (探偵ガリレオ 予知夢 容疑者Xの献身 ガリレオの苦悩 聖女の救済 真夏の方程式 虚像の道化師 禁断の魔術

加賀恭一郎シリーズ (卒業 眠りの森 どちらかが彼女を殺した 悪意 私が彼を殺した 嘘をもうひとつだけ 赤い指 新参者 麒麟の翼 

祈りの幕が下りる時



この2つのシリーズ以外にも読み応えのある本は多くあります。
本の内容を少し説明しているので、読む際に参考にして欲しいと思います。

発表順に並べています。


放課後 

白馬山荘殺人事件 

学生街の殺人
 

11文字の殺人 

魔球 

ウィンクで乾杯

浪花少年探偵団

十字屋敷のピエロ 

鳥人計画 

殺人現場は雲の上
 

ブルータスの心臓 

探偵倶楽部


宿命
 

犯人のいない殺人の夜

仮面山荘殺人事件

変身 

回廊亭殺人事件 

天使の耳 

ある閉ざされた雪の山荘で 

美しき凶器 

同級生

分身
 

しのぶセンセにサヨナラ

怪しい人びと

むかし僕が死んだ家 

虹を操る少年

パラレルワールド・ラブストーリー

あの頃ぼくらはアホでした

怪笑小説

天空の蜂

名探偵の掟

毒笑小説

名探偵の呪縛

秘密 

白夜行

片想い

超・殺人事件

レイクサイド

時生 

ゲームの名は誘拐

手紙 

おれは非情勤

殺人の門

幻夜

ちゃれんじ?

さまよう刃 

黒笑小説

さいえんす?

夢はトリノをかけめぐる

使命と魂のリミット

夜明けの街で

ダイイング・アイ

流星の絆

パラドックス13

カッコウの卵は誰のもの

プラチナデータ

白銀ジャック

あの頃の誰か

マスカレード・ホテル

歪笑小説

ナミヤ雑貨店の奇蹟 

夢幻花


疾風ロンド



戻る