東野圭吾 加賀恭一郎シリーズ どちらかが彼女を殺した







加賀恭一郎第3作目です。
練馬署の巡査部長になっています。

OLの和泉園子という女性が自宅のマンションで亡くなります。
その亡くなり方が自殺なのか他殺なのか分かりにくいです。

この女性の亡くなり方が話の中心になって行きます。


この女性の兄は和泉康生で豊橋警察署の交通課の警察官です。
和泉は妹の死体第一発見者でもあります。

和泉は自分だけでこの事件の真相を探ろうとします。

これは自殺に見せかけた他殺です。


和泉は自分だけで犯人を突き止めようとしますが、そこに加賀が
出てきます。


最初から和泉と加賀は対立する関係となります。
対立したまま最後まで行きます。


和泉対加賀、という話にもなるのですが、この話のメインは犯人探し
となります。


容疑者は2人いて、そのどちらかが犯人なのです。
しかも2人とも怪しいです。


2人とは和泉園子の親友である弓場佳世子と園子の元恋人の
佃潤一です。


この2人とも怪しいです。
この2人とも園子を裏切ることになります。

この2人は園子を裏切り交際を始めます。
そして2人ともに園子を殺す動機があります。


犯人はこの2人のうちどちらかなのですが、どちらなのか実は
最後まで読んでも分かりません。


この2人が怪しいまま話は終わります。
犯人探しなのですが、犯人が明らかにされないまま終わる話です。


しかし最後に「推理の手引」という袋とじが付いており、そこで
色々ヒントを得ることができます。

ただし、この「推理の手引」で得られるのはヒントだけです。

犯人ではありません。


つまり、本当に最後まで読んでも犯人は明らかにされません。
この本は、最低でも2回は読まなければならなくなっています。


まずは本をそのまま読み、袋とじも読みます。
ヒントを得た上で、細かいところに注意しながらもう一度最初から
読んで行きます。

こういう読み方をすれば、犯人が分かるかもしれませんが、ヒントは難しいので
2回読んでも
犯人が分かるとは限りません。

犯人探しは難しいです。
容疑者は2人だけですが、どちらなのか決め手に欠ける感じもします。
本当に丁寧に読んで、犯人を当てて下さい。




これは犯人探しがメインの話ですが、加賀の話でもあります。
加賀恭一郎シリーズ第3作で、かなり話は読みやすくなっています。

加賀が対立している和泉康生を問い詰める場面はさすがと言えます。
加賀らしさが出ているので、しっかりと読んで下さい。




この辺りになると、東野さんも作家として活躍して来ているので
話が流れるようになっています。


ただ、犯人探しをしながら読むので、サッとは読めません。
時間をかけて丁寧に読んで下さい。

本当に犯人を当てるのは難しいです。








第4作「悪意」

加賀恭一郎シリーズ

東野圭吾のページ