東野圭吾 超・殺人事件







これは「笑」シリーズではありませんが、完全に笑いです。
推理小説などではありません。

しかも小説界、出版界を批判する内容にもなっています。
小説界、出版界の裏事情を知ることができます。

東野さんらしい話ということもできます。
「笑」シリーズに入れても良さそうな話です。
8つの短編から成ります。




超税金対策殺人事件




税金対策として無理矢理小説のストーリーを変えるという話です。
経費に出来そうもない出費を何とか経費にしようとします。
しかしそうは上手く行きません。

作家の税金対策の話で、
殺人事件でも何でもなく、笑える話です。




超理系殺人事件




東野さんらしく理系の話全開です。
専門用語連発なので、読むのは大変だと思いますが、無理に読まなくても良いと思います。





超犯人当て小説殺人事件(問題編 解決編)




問題編と解決編があります。
問題編と解決編は話が違うので、丁寧に読んで下さい。
この話も笑いと言えます。

作家がストーリー作りに苦しんでいますが、実はゴーストライターがいたという話です。





超高齢化社会殺人事件




作家も読者も高齢化してしまった、という話です。
高齢化社会を予想するかのような話です。
笑いと言えますが、現実的にありそうとも言えます。




超予告小説殺人事件




ある日、売れない小説が売れました。
その裏には殺人事件がありました。

小説の話通りに殺人が起こって行きます。
殺人が起こるたびに、小説が話題になり売れて行きます。

しかし最後には逆転が待っています。




超長編小説殺人事件




ベストセラーにするために強引に長編小説を書く、という話です。
「曲球」というタイトルの小説が出てきますが、東野さん自身の「魔球」をもじったものだと思われます。

ベストセラーにするためには長編が良いということで、無理矢理文字を増やし
本の厚さも増やして話題を集めようとします。

出版界の裏事情が分かる話です。




魔風館殺人事件(超最終回 ラスト5枚)




実質3ページしかない話です。
しかし本に収められている理由があります。




超読書機械殺人事件




ショヒョックスという機械ができます。
本を読まなくても、本の評論などができるという機械です。
この機械を利用して、評論家たちは仕事をします。

評論家批判とも言える話になっています。




全8つの短編集ですが、どれも笑いとなっています。
出版界の裏が分かるので面白いと思います。

「笑」シリーズとあわせて読んで下さい。








東野圭吾のページ