東野圭吾 11文字の殺人







元は「無人島より殺意をこめて」というタイトルでしたが
無理矢理このタイトルに変えられた、ということです。


女流推理作家が主人公の話です。
しかし名前は分かりません。
「あたし」で最後まで通します。


その主人公の恋人、川津雅之(かわずまさゆき)がある日殺されます。
2人は主人公の担当編集者である萩尾(はぎお)冬子の紹介で知り合います。
交際わずか2か月で、川津は亡くなります。

川津はフリーライターで、本を出す予定でした。
その矢先に殺されます。

「あたし」は川津の取材先などを当たり、事件の真相に迫ろうとします。
そこでヤマモリ・スポーツ・プラザというのが出てきます。
山森という人物が経営しているスポーツクラブです。

そこの山森社長とその妻と娘が重要になってきます。
特に娘がカギを握っています。
やはり東野さんらしく家族が出てきます。



川津が殺された後、新たに殺人事件が起こります。
女性カメラマンの新里美由紀が殺されます。


実は新里美由紀は怪しい人物でしたが、亡くなったことで犯人の
可能性がなくなりました。

2件の殺人事件ですが、もちろん繋がりがあります。
その繋がりを「あたし」が解明して行きます。


山森ももちろん関係してきます。


恋人の川津を失った「あたし」は、事件の真相に迫り、真犯人を
徐々に突き止めて行きます。


そして、この一連の殺人事件が起こる前年に行われた、無人島への
クルージングツアーが
大きく関係していることが分かります。


そのツアー参加者の身に大きなことがありました。
それがこの一連の殺人事件に繋がっています。

そして、真犯人は思わぬ人物でした。


東野さんらしく、最後には逆転が用意されています。


逆転が期待できる話ですが、初期ということもあり、まだ話の
展開が少し物足りない感じもあります。

もう少し山が欲しいところではありました。
怪しい人物がそのまま怪しいことになります。



この話は最初から最後まで、女性が中心となります。
女性中心の話で、特に読みにくくはないですが、東野さんの
初期らしい感じがする話と言えます。

また家族も出てきますが、それほど家族が大事になる話ではありません。



東野さんの初期の頃を知ることができる話です。







東野圭吾のページ